見どころ

十八鳴浜(くぐなりはま)

 気仙沼大島の北東部・大初平にある長さ約200m、幅約30mの砂浜。黄褐色の石英粒からなり、砂を踏むと「キュッキュッ」あるいは「クックッ」(9+9=18)と鳴くことからこの名が付けられました。
 鳴り砂は、石英粒の砂が摩擦して起こるといわれており、十八鳴浜は国の天然記念物に指定されています。
 砂が汚れてしまうと鳴らなくなるため、十八鳴浜周辺は人の手が加えられておらず、浜へ出るには駐車場から山道を15分ほど歩きます。

駐車場 有り(300円)
※トイレ併設
お問い合わせ先 気仙沼大島観光協会
Tel:0226-28-3000
Fax:0226-28-3880
その他
周辺の地図

前のページに戻る